システムエンジニア(SE)

仕事内容

コンピューターのシステムを設計し、プログラマーに作業を指示する。
対象業務を分析し、顧客と折衝を行い、使いやすく便利なシステム構築を目指す。
SEがプログラマーを兼ねるケースもある。
——

仕事に必要な技能

業務分析手法
システム構築力
顧客折衝能力
プログラミング言語に関する知識
(C言語、Java、VisualBasic、CGI、Perl等)
オブジェクト指向やデータベースに関する知識
最新技術に関する知識
——

在宅勤務

業務分析や顧客との折衝は現場に足を運ぶことが求められる。
システム構築策定やプログラマーの管理は在宅勤務でも可能。
——

関連資格

情報処理技術者試験
——

備考

Web系の開発が主流である。
単なるプログラマーよりも業務的には難しいが、仕事の達成感はある。

タイトルとURLをコピーしました